副鼻腔炎(ちくのう症)

2011-07-05

副鼻腔炎(ちくのう症)

1.いわゆる「ちくのう症」とは、蓄膿症と書き、副鼻腔に膿がたまっている状態を指します。正式には、副鼻腔炎といい、ほとんどが、慢性ですが、風邪のときに鼻の奥や、頬のところが重くなったりするものは急性副鼻腔炎といいます。もともと慢性副鼻腔炎のある人がこういう状態になったりすることを慢性副鼻腔炎の急性増悪といいます。

2.副鼻腔とは頭蓋骨の中にある洞窟ですべて鼻に道が通じています。副鼻腔には4種類あり、上顎洞(左右の頬の内側)、篩骨洞(左右の鼻の上の奥)、前頭洞(左右の額)、蝶形骨洞(鼻の奥の中央部)です。一番問題になるのは、上顎洞です。

3.鼻の中は粘膜でおおわれ、表面をきれいに保つため、鼻水を産生しています。しかしその量が多くなってきたり、のどに落ちたり、黴菌が感染して色がついたり、粘稠になってきたりすると不快に感じるようになるのです。副鼻腔の中の壁にも粘膜がおおっていて鼻水を産生しています。正常の人は、鼻をかむと鼻の中の鼻水だけでなく、道を通って4つの副鼻腔の中の鼻水も一緒に出てきているのです。

4.風邪などをひいて、鼻に炎症が起こると、粘膜ははれて、鼻水をどんどん産生し、副鼻腔への道もふさがってしまいます。そうすると、副鼻腔の中で作られた 鼻水は出られなくなり、時間が経つにつれ、黴菌がつき、膿に変わっていきます。量も徐々に増え、痛みが出てきます。鼻をかんで、濃い鼻水が出ている間はまだましですが、でなくなると、痛みがでてきます。以上は急性の場合の話です。

5.慢性副鼻腔炎は、栄養状態や、鼻の中の形、炎症の繰り返し、鼻水をかまずに放っておいたりすることで徐々に進行していくものだと考えられています。以前に比べて、患者の数は減って来ています。これは栄養状態と関係しているといわれています。親がちくのう症だからといって子供に直接遺伝することはなく、鼻や副鼻腔のかたちが遺伝し、ちくのう症になりやすいということはあると思われます。

6.ちくのう症は副鼻腔の病気なので、程度がひどくて鼻の中を見ただけでわかるものもありますが、軽いものを見つけたり、程度を調べるには、レントゲン写真をとらなくてはなりません。

7.治療は急性の場合と慢性の場合に分けられ、急性の場合は黴菌を殺す薬(抗生物質)を内服します。慢性の場合は、鼻の吸入治療と消炎酵素剤の内服による保存的治療又は手術的治療があります。ちくのう症のひどい状態が長期間持続すると副鼻腔や鼻の粘膜に浮腫状の変化が起こり、ポリープ(鼻たけ)ができてきます。一般にこの状態になると完全には元の状態には戻れないといわれており、手術をしなければなりません。ちくのう症がみつかったら、気長に吸入治療を行い、それ以上悪くしないように努めなければなりません。

たてはら耳鼻咽喉科気管食道科クリニック
autodesk inventor professional

院長 蓼原 東紅

たてはら耳鼻咽喉科クリニック気管食道科
たてはら耳鼻咽喉科気管食道科クリニック
電話: 078-581-8711 FAX: 078-581-8711

〒651-1233 神戸市北区日の峰2丁目3番1号(神戸北町センタービル4F)
Copyright© 2011 たてはら耳鼻咽喉科気管食道科クリニック All Rights Reserved.